子育てと仕事の両立は金銭面でマイナスの働き方もある、それでも仕事は続けたいのは社会と繋がっていたいから。

      2017/03/19

子供を産んだらすぐに働きたい!産休後はすぐ、職場に戻ってきます!とおっしゃる女性があなたの周りにはいませんか?

雇用主からすると頼もしくてとても有り難い人材です。ですが、多くのネイルサロンでスタッフが出産後に職場復帰を辞退されたと相談を受けるサロンも少なくありません。

実際に産んでみたら、想像以上に子育ては大変!

私もそう感じたひとりです。

私の場合は嫌でも職場復帰しないといけない事情があったので、出産後はすぐに働きましたが、職場への復帰理由が経営者や家族を養う以外の理由なら「やっぱり子育てが落ち着いてから職場復帰しよう」と考え直す女性が多いようです。

その理由は
①正社員で働かないとお給料よりも保育料のほうが高い場合もある。
②子供を預けたい保育所が定員オーバーで入れない。
③小さい我が子を預けてまで、働く理由って?と考えてしまう。

職場復帰しても、自分の思うようには働けない!

子供に熱が出れば仕事お構いなしでお迎えの要請が来る。

毎日スムーズに子供が機嫌よく保育所に行ってくれるワケでもなき仕事を遅刻しそうになる。

子供とベッタリ過ごせるのは今だけ…そんな時期を保育所に預けるなんてダメな母親?と自問自答したり、職場にも身内にも「お願い&謝る」の連続。

そんな事が続くと「子育てが落ち着くまで仕事辞めようかな」が頭をよぎります。

いつかは職場復帰をと考えているなら、出産後は意地でも仕事を続けたほうがいい!理由

子育てが落ち着くまでと考えてたら、職場復帰は何年後になるのでしょうか?

社会は待った無しで、目まぐるしく進んでいます。キャリアも積んでいない、年齢も上がる、そこからの再就職はかなり厳しいでしょう(仕事内容にもよりますが)。

私が、保育料がかかっても0歳児から子供を保育所へ預けて仕事を続けるのは後々、私が必要な仕事でのポジションや収入を頂くためには必要だからです。子供に使っていた時間が私の時間になった時にスタートダッシュをするために、今はできる事をしっかりと積み上げています。

子供にとっても必要な母親の社会復帰

産んだからには、子供を自立させる責任があり、子供に必要だと感じる環境は与える使命が私たち親ににはあります。

この社会で働くためには、どんな環境が必要?どんな考え方で働けばいいの?子供にそれを伝えられるのは、親とこれから出会う周囲の人達です。

子供に素敵な人達と出会える環境や学んだり、触れたりしたほうがいい環境を与え子供が自分で必要かどうかを判断し前に進んでいきます。

親は環境を与えて、それを歯がゆくも見守るだけなのです。

保育所に預けていた事で奇跡が起こりました!

4年前一人目の息子は、周囲の「こんなに小さいのに保育所に預けるの?」的な冷たい視線を押し切って0歳児から保育所に預けていました。

待機児童も無く、こんなにスムーズに預けれるもんなんだ。と軽い気持ちになり今年2人目も当然、お兄ちゃんと同じ保育所に簡単に通えるつもりで申し込みをしました。
2017年1月からの申込書には「なるべく早く預けたい」項目に丸をつけ、それでも2017年4月まで入所は難しいと分かっていたので4月に預ける事を心待ちにしておりました。

2017年2月初めに2017年4月〜の保育所の入所がいっぱいです。と電話が!
ビックリしました。息子と同じ保育所に預けなくても働く方法はあるけど、どれも効率悪すぎます。

ですが、息子を0歳から保育所に預けている事で私が働いている事はすでに証明されているため一つ上のクラスの空き人数に入る事ができました。

本当なら4月の入園まで待たないといけなかったのに一つ上のクラスに入るため奇跡的に2ヶ月も早く子供2人を同じ保育所に預けることができました!嬉しすぎます、本当に感謝です。

この出来事から、人生は長い目で見て物事を判断した方がきっと上手くいくと感じました。

目先の利益に捉われがちな毎日ですが、これからも意識して視野は広く前に進みます。

 - 仕事について