深爪矯正の期間はどれくらい?1ヶ月で自爪は約3mm成長します!

      2017/02/08

深爪は日常生活の中で、様々な要因で起こります。自力では自爪が伸びない、どのように治していいかも分からず爪がコンプレックスになっているお客様はたくさんいらっしゃいます。ネイルサロンアイは爪のコンプレックスを解消できるようサポートしたく、深爪矯正の施術を受けたお客様の経過をご紹介させていただきます。

美爪育成は全てのお客様に対応しています

ご来店いただいた時は爪の先端の白い部分もない状態で、爪表面にも凹凸がありこの状態でジェルネイルをしても剥がれやすいためアクリルスカルプで爪先端と表面をコートし外的衝撃は全てアクリルスカルプが受けて、中の自爪は守るという方法で美爪育成をスタートしました。

アクリルスカルプで1回目の深爪矯正

深爪矯正というと、自爪を伸ばすためだけに装飾のないクリアネイルで仕上げて終わりという施術が多いですが、それだとせっかくのネイルが楽しめません。深爪矯正中もお客様がネイルが楽しめるようにホワイトのラメグラデーションで仕上げました。深爪矯正ホワイトグラデーションのアクリルスカルプBefore-After

 

下のリンクにも深爪矯正中のお客様の記事を掲載しています!ネイルが初めてでも自分のペースで大丈夫!深爪矯正で美爪育成始めませんか?

ご来店いただき最初に深爪矯正をして1ヶ月が経ちました

深爪矯正の場合は、約3週間でお直しや自爪の確認をさせていただくのですがこちらのお客様は、ご都合もあり2回目のご来店が1ヶ月後となりました。付けたアクリルスカルプネイルの持ちが良くてとてもびっくりしました!深爪矯正中の自爪1ヶ月前-1ヶ月後1ヶ月前の爪には凹凸があり爪周りの乾燥も気になりましたが、ネイルの持ちも良かったので1ヶ月後の自爪成長が良く、健康で美しい自爪が根元から生まれ、ピンク色の部分がしっかりと伸びているのがわかります。これから2〜3ヶ月程はアクリルスカルプで自爪を保護しながら伸ばしていきます。自爪がお客様の好みの長さまで伸びれば、自爪でジェルネイルを楽しめます。

アクリルスカルプで2回目の深爪矯正

自爪が伸びてくるとネイルの持ちもどんが良くなります。まだ、爪周りの乾燥は少し気になりますが引き続きアクリルでの自爪保護と爪周りは保湿オイルで美爪育成してまいります。今回はピンクで1色塗りさせていただきました。

深爪矯正の詳しい工程はこちらの記事で掲載しています!爪のカタチが美しく変わる深爪矯正。美容ネイルで爪のコンプレックスを解消しよう!

深爪矯正期間は約2ヶ月〜3ヶ月。お客様の爪の成長で期間は変わります

深爪矯正はなるべくネイルオフをせずにお直しをしながら爪を育てていくのが理想です。今回のようにネイルが1ヶ月以上の持ちの良いお客様は付け替えでも大丈夫ですが、3週間でご来店される場合はお直しをさせていただきます。初来店でお客様の自爪を確認した時に深爪矯正期間の大体のネイルスケジュールは私の頭の中に作られます。その後は実際にネイルの状態、経過を見て自爪への負担が最小限にできる施術内容を決めています。なのでお客様によって、施術内容が違う事があります。選択する施術内容には全て理由があり、何故それをするのかをお答えする事ができますのでお客様と相談しながら、安心して施術を受けてほしいです。

 - 深爪矯正, 爪の悩み解消