一度きりの人生を楽しく豊かに過ごしたいからネイリストとして転職を決意!

      2016/12/15

自分の事が好きじゃない…
好きになれるように自分を変えたい!
でも何をすれば良いんだろう?自分の一度きりの人生、好きな事をすれば自分を変えられるかもしれないと思いネイリストに転職しました。

好きな事を仕事にするきっかけは、すごく簡単な理由から

私がネイリストという職業を選んだ理由は、小さいときから絵を描くのが好きで美容業界の華やかなイメージに憧れていたからという浅いものです。本気でハマっていったのはOLをしながら休みの日にネイルスクールに通っていた時。ネイルの奥の深さにビックリしました。爪に絵を描くだけが仕事じゃないんだとその時初めて知りました。どんどんネイルの世界にハマっていく自分がわかり、スクール卒業後はすぐにネイルサロンで働くためにサロン未経験者でも働けるネイルサロンを探しました。15年前のネイル業界はまだまだ発展しておらず、美容室の受付兼ネイリストという求人募集が多かったです。ネイリストとしてレギュラーで雇用してもらえるサロンは求人雑誌を見ても1件だけでした。でも、ネイリストになりたい私の想いは強くその1件のサロンにドキドキしながら電話をかけオーナー様に面接と技術チェックをしてもらい採用していただけた流れを今でも頭の中で映像にできるくらい鮮明に覚えています。

がむしゃらにネイリストとして突っ走った10年間

畑違いの職場環境に戸惑いつつも、仕事が楽しいと思える毎日と今までとんでもなく視野の狭い世界で生きてきたんだと衝撃を受けました。最初の3年間はネイリストとして技術力を向上する事が全てのネイリストでした。コンテストや検定試験に時間を費やし、技術向上がネイリストの全てでお客様の為だと信じていました。4年目になると技術力も落ち着きだし、自分の考えが間違いだと気づき出します。ネイルサロンのマネージメントや人材育成に興味が出始めて、ネイル業界でずっと働きたいならネイル技術だけ磨いていても生き残れない!と感じました。ネイリストという職業は私に常に目標と自己成長の課題を与え続け、会社勤めでは絶対に味わえないことを数え切れないほど経験させてくれました。

OLとネイリストという職業を通して感じたこと

高校卒業後、会社勤めを5年間していました。今思えば、本当に申し訳ないのですがOL時代は目の前の与えられた仕事をしていればお給料がいただけている感覚でした。出社後、やらなけらばならない仕事を与えられたスケジュール通りにやり定時に帰る。自分の働きがマイナスなのかプラスなのかも考えず働いておりました。ネイリストになり自分がお客様を施術しいただく対価が1日○○円。それが今の私の実力、お客様が満足できない施術や接客ではネイリストとしてサロンのマイナスになる事が毎日の売上でわかってしまいます。プラスにするためにはどうすれば良いのかを毎日考えるという感覚がネイリスト時代にはありました。

好きな事を仕事にするのは、本当に幸せなのか?

私が起業して、ネイルサロンアイを2012年にopenさせました。ネイル業界は価格競争真っただ中。いかに安くスピーディーに華やかにネイルを楽しめるかをネイルサロンは追求し、個人サロンでは太刀打ち出来ないような価格まで下がりました。そんな価格競争に、お客様もネイリストもネイルサロンも満足しているのかな⁉︎と私は疑問でした。お客様の声を聞くとネイルサロンに対してネガティヴな印象が多い、ネイリストは離職率が高い、ネイルサロンはオープンしてもすぐに売り上げに伸び悩みクローズしていく。私の働いているネイル業界が年々負のスパイラルに陥り過ぎて、ネイルを辞めてネイル業界から去ろうかとも思いました。

辞めようか悩んだけど、今もネイル業界で働き続けています

ネイルで人生を変えたいとネイル業界で働き、なりたい自分になるために成長し続けて今の自分があります。未来は自分の力で切り開く事を教えてくれたネイル。私は、ネイルがとことん好きなんです。私のネイルに対する考えを貫き、ネイル業界を変える!なんて大それた事は出来ません。ですが、私に関わるネイリストや共感していただける方々にはネイリストってネイル業界って素晴らしいと感じていただけるように規模は 小さくてもしっかりと活動していこうと決めました。好きな事だから続けられたし、好きな事だからとことん追求してやってきた事がブログを通してお伝えできていることに私のネイル経験は無駄じゃなかったと感じています。

 - 仕事について