大阪市中央区南船場Praionのネイリスト

【ネイルサロンに行く時間のない方、普段ネイルができない方へ】ネイルチップの販売を開始いたします!

2019/09/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ネイルのデザインはInstagramに載せる事にしました。良かったら、覗きに来てください。
詳しいプロフィールはこちら

「ネイルチップを販売しよう!」と想ったきっかけはこちらから
ネイルチップ販売

私もネイリストになるまでは、ネイルチップを爪にのせて過ごしていました。
20年程前の話になるりますが、大切な場面やお出かけ中にネイルチップが外れないようにネイルグルーを使ってネイルチップと自分の爪をガチガチに固めていたのを思い出します。ネイルグルーなので、ネイルチップを爪から外す時はジェルやアクリルスカルプをオフする時と同じ溶剤で外すためネイルチップは1回使っておしまい・・・

私の中ではネイルチップの両面テープは外れやすい、ネイルグルーはオフが大変だしネイルチップもダメになる。そんな記憶しか残ってなかったので、ネイリストになってネイルチップを付けることもなくなり、時は過ぎました。

2019年9月ネイルチップ、ネイルチップの両面テープの進化はすごかった!

ネイルチップを販売しよう!と思いたって、久しぶりに自分でもネイルチップを作って付けることにしました。

・自分の爪のサイズを測って、ネイルチップを好みの長さとカタチに少し整える。
・ネイルデザインは普段しないような華やかなデザインにしてみました。
しかも、アシメトリー(ネイリストは左右違うデザインのネイルをアシメトリーという)。

1日で外せるしと思うと飽き性な私も華やかネイルデザインが楽しめることに気づく。
・見栄えを良くするために、ネイルケアをしっかりとする。爪の健康のためにもいいしね!
・ネイルチップを付ける前に、自爪保護のためにベースコートを塗布すると良いらしいが今回は、ベースコート無しで爪つけてみます。ベースコート有りはまた後日やってみて、感想をお知らせします!
・ネイルチップをのせる前は爪表面の油分水分はしっかりと除去する。そのほうがネイルチップが外れにくい。
・両面テープでネイルチップを貼ってみる。

私が20年前に使っていた、ネイルチップ両面テープの密着度ではない!ネイルチップも硬すぎず、柔らかすぎずいい感じにデザインができるし、サイズが豊富!これなら両面テープでネイルチップ付けても外れないかも!
20年経っていればそれくらいの進化は、当然といえば当然か…と思いながらネイルチップの進化に胸がワクワクしました。

試しにネイルチップを付けて、息子の授業参観と3連休はネスタリゾート神戸に遊びに行くことを決めました。

この記事を書いている人 - WRITER -
ネイルのデザインはInstagramに載せる事にしました。良かったら、覗きに来てください。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 深爪矯正・自爪を育てるNail Salon , 2019 All Rights Reserved.