冬のフットネイルどうしてる?フットケアで巻き爪を少しでも改善し、足元ストレスフリーで過ごそう!

      2017/02/08

久しぶりにヒールを履きました。高いヒールか大好きなんですが、小さな子供が2人いるので走れる&長時間歩けるニューバランスとオールスターとかスニーカーを履く事が多くなりました。

ヒールを履くと足の爪の長さが気になります!

特に私は親指の爪が少し反り爪。
足爪が長いとパンプスに当たったり、隣の指に爪が当たって出血したりとトラブル、ストレスでイヤになります。ヒールを長時間履いても痛くならないように爪の長さをしっかりと調整します。

お客様にはカウンセリングで普段の生活の中でストレスにならない足爪の長さを設定&調整します。

爪が伸びる時に皮膚に当たらないように爪の角を丸く整える事も大切!

ちょっとした心配りで先の細いパンプスを履いても足元ストレスフリーな状態で過ごせます。足爪ケアでストレスフリーでパンプスを履こう

夏はサンダルで足元も足の指先も露出が多く足の爪も少し長めでも大丈夫です!

足の指先が露出するサンダルだと、パンプスやスニーカーで爪先があたって痛いというストレスが無くなります。なので、いつもより少し足爪を長くしてフットネイルアートを楽しむお客様もいらっしゃいます。

特に親指は他の足指の爪よりも面積があるのでアートもしっかりできちゃいます。夏はフットネイルとアートを楽しもう!

サンダルを履かなくなり、パンプスが多くなると短めスクエアがオススメです。

巻爪の原因は?

「巻き爪」がさらに酷くなると「陥入爪」といって爪が皮膚に食い込んでしまう爪の病気になる事もあります。

私が経験した範囲でお伝えすると、足爪を短く切りすぎると巻爪になりやすいと言われていますが、爪を長めに残してしまうと爪がパンプス、くつ下、ストッキング、タイツなどに当たり余計に巻いちゃう事もあります。

運動不足で巻き爪になる事もある!

足爪は全くどこからも、圧力がかからない状態でいると骨の形状に沿って自然に爪が巻いてきます。なので、歩いた時に地面から足爪にかかる圧力と足爪から地面にかかる圧力のバランスを良くしなければいけません。長時間歩いたり、運動していたほうが巻き爪になりやすいと思っている人が多いのですが、しっかり歩いて地面からの圧力を適度にかけるほうが巻き爪になりにくいんです!

爪のカタチはスクエアオフ(四角で、角を丸くする事)で巻爪にもなりにくく、痛みも軽減できる事もありますので、ネイリストに相談してください!

※巻爪治療中の方は治療していただいている先生の指示に従ってください。

フットネイルをされたお客様の巻き爪事情

足に合わないスニーカーを履いて、登山をしたら巻き爪になったというお客様がいらっしゃいました。登山がきっかけで足の爪にトラブルが出てきたとおっしゃるお客様は多いです、自分の足に合うお履物を選んでくださいね!

巻き爪が気になり皮膚科へ行くと、ネイルサロンのアクリルスカルプの矯正で大丈夫と言われてご来店くださったお客様もいらっしゃいます。私が確認すると「少し巻いてるかな」という足爪でしたのでアクリルスカルプで矯正しながらフットケアをさせていただきました。

アクリルスカルプの巻き爪矯正

陥入爪ではなく巻き爪の場合は、アクリルスカルプで矯正できる可能性はあります。足爪が割れたなどのトラブルでもアクリルスカルプをつけて足爪を伸ばす事も可能性です。カウンセリングで、ご相談させていただきながらお客様にご満足いただける対応をさせていただきます!

夏前から休むことなく塗っていたマニキュアを除去しました。濃い色を休むことなく塗っていたので爪の先端が少し色素沈着しております。フットケアで美爪育成、片足拡大

フットケアで足爪を美爪育成

冬の間、足元は美爪育成ケアにして足爪を育てていきます。

 - フットネイル